スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これを読んだらアセりますよきっと 

老後不安とか、考えてはいない、
というか、考えられない歳なんだけど、

年金崩壊とかは事実として知っている。

って若者は多いかなと思う。

「将来なんてどうなるかわかんねー
今楽しけりゃいいんじゃね?」

って考えの人も少なからずいるはず。

でもそれでは・・・まずい。

ちょっと↓を読んでほしい。

―――――――――――――――――――――
皆さんは60歳までに約1億円の貯蓄が
 必要であることを知っていますでしょうか?


 昨年起きた、年金記録問題では、
 5000万件の管理されていない記録が存在するという事実は
 多くの人に多くの衝撃を与え、大きな問題になりました。



 年金を頼りにしていた方にとっては、本当に恐ろしい
 出来事だったのではないでしょうか。


 事実、生命保険文化センターが行っている意識調査によると、
 少なからず老後が不安と感じている人の割合は8割にのぼります。


 その人たちに理由を聞いてみると、8割以上の人が
 「公的年金があてにならない」と答えています。


 では、もし年金が支給されないと
 どうなるのでしょうか?


 ゆとりあるリタイア生活を送るためには、
 平均でひと月約38万円が必要と言われています。
 (生命保険文化センター調べ)


 現在平均余命は、夫婦平均で82歳ですから、
 60歳から必要な資金を計算してみると・・・


 38万円×12ヶ月×22年=10032万円=1億円(!)


 と冒頭にあげたとおり、なんと1億円ものお金が必要なのです。


 いや、私は100歳まで生きる!という方は、
 プラス18年分必要ですので、


 38万円×12ヶ月×40年=18240万円


 で大体2億円必要になります。(汗)
 これでは、おちおち長生きも出来ませんね。。。


 話は戻りますが、仮に65歳から国民年金、厚生年金を
 合わせて夫婦合計で25万円程度もらえたとしても、
 大体5000万円は必要になる計算です。


 さて、あなたは60歳までにあと何年ありますか?

 そして、準備しなければならない資金は残りいくら
 でしょうか。


 足りない資金を補うために取るべき方法は3つあります。


 その3つの方法とは??


 そして、3つの方法を使って資金を作るために
 まず考えなければならないことがあります。
詳細はこちらのページをご覧下さい。
    ↓   ↓
 http://www.enjyuku.com/se/kabu_080226.htm

――――――――――――――――――――――

これ、自分の大先輩が書いた、メルマガなんだけど(流用OK?アセアセ)

少なくとも自分はこれを読んで、
不安になった(今金無いし)

不安になった方はコメントください

ちなみに自分も隔週火曜日に書かせてもらってます。

スキル無いから必死ですがね^^^^;;

↓ポチっと押してくれると頑張れます
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

[ 2008/02/08 02:11 ] 将来 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タッツー

Author:タッツー
大手企業⇒ニート⇒ベンチャー。
人生色々。
影響を受けた人はロバートキヨサキや、
稲盛和夫氏、イチロー、
家族、友人、先輩、上司etc.
たくさんいます。
おかげさまってやつです。
しがないブログですが
見てやってください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。